エクセルソフトについて

受賞や表彰歴

受賞や表彰は、私達のサービスの質の高さを認めて頂いた証です

エクセルソフトが受けた表彰

  1. タミル・ナードゥ州知事から、セント・ジョン救急車協会に提供したトレーニングソリューションに対して賞を頂きました。
  2. インドのシッキム・マニパル大学は、大学のオンライン試験に実際使用されたエクセルソフトのSaras試験実施/評価ソリューションが「マハトマ・ガンジー大学賞」を受賞したことを祝福しました。
  3. 世界教育サミット(教育における思想的リーダーシップのプレミアグローバルプラットフォーム)において、エクセルソフトとエクセルパブリックスクール(エクセルソフトが手がけている小中一貫校)は教育におけるベストイノベーション賞を受賞しました。

 

今月エクセルソフトが受けた受賞/表彰

  1. セント・ジョン救急車協会はエクセルソフトの提供したサービスの質の高さを高く評価し、そのことに関して、エクセルソフトはタミル・ナードゥ州の知事から表彰を受けました。
  2. マハトマ・ガンジー大学は、エクセルソフトが短い工期で質の高いオンライン試験のシステムを納品したこと、またその試験サービスが重要な試験実施の運営を成功させたことを受け、公にエクセルソフトに対してお誉めの言葉を頂きました。我々の提供したプラットフォームによって高等教育の業界で、よりマハトマ・ガンジー大学の名声が高まり、感謝のお言葉を頂きました。
  3. 世界教育サミット(教育における思想的リーダーシップのプレミアグローバルプラットフォーム)において、「エクセルソフト テクノロジー(エクセルソフト社)とエクセルパブリックスクール(エクセルソフトが手がけている小中一貫校)」は教育におけるベストイノベーション賞を受賞しました。

コリン・ヒューズがエクセルソフト社の取締役に就任しました

バンガロール:マイソールにその本拠地を持つエクセルソフト テクノロジー社は、eラーニングにおいてトータルソリューションを提供する企業ですが、この度イギリスのガーディアン ニュース&メディア社の取締役 コリン・ヒューズがエクセルソフト社の社外取締役に就いたことを発表しました。

ヒューズ氏の就任に関して、エクセルソフト社の最高経営責任者であるサダンバ氏は以下のコメントを発表しました。「我々はエクセルソフトにコリンを迎えることが出来て本当に嬉しく思っています。取締役としてコリンは企業戦略について多くの助言をしてくれると思いますし、よりエクセルソフトが世界の教育やトレーニング業界の企業や個人との関係を築くことを助けてくれると期待しています。」

1979年に英シェフィールドでジャーナリストとしてそのキャリアをスタートさせたヒューズ氏は、プレスアソシエーション、Timeでキャリアを積んだ後、1986年にインディペンデントに入社しました。彼はポリシーエディター、教育エディター、アメリカ特派員とキャリアを重ね、その後インディペンデントの編集長になりました。彼は1998年にガーディアンに移りました。そして、2000年2月にデジタルラーニングビジネスであるLearnthingsを立ち上げました。彼は2006年の3月にガーディアン プロフェッショナルの編集長に、そして、2009年の11月にビジネス&プロフェッショナル GNMの取締役に就任しました。そして近年彼はミドルセックス大学で副会長としても活躍しています。

エクセルソフトは革新的な技術ソリューションを設計、デザイン、開発し、世界中の企業/団体に提供しています。エクセルソフトは技術・エンジニアリング能力と専門知識を組み合わせて、最新のeラーニングアプリケーションを提供しています。国際的なビジネスの経験を豊富に持ち、エクセルソフトは技術を使った教育の分野で世界的リーダーであり続けようと日々努力を続けています。エクセルソフトはインドで特に学校教育そして高等教育に注力するという戦略を持っています。

エクセルソフトはBtoC分野へ進出

アンジャリ・プラヤン ザ・ヒンドゥ – ビジネスライン(インドのプレス)

既にガーディアン新聞、ハーバードビジネススクールパブリッシング、ピアソンエデュケーション、ウィズエデュケーションなど世界の名だたる企業を顧客に持つエクセルソフトですが、今後は既に持っている製品群をベースに更に製品を製作し、インド市場で展開していく予定とのことです。

エクセルソフト テクノロジーの最高経営責任者であるサダンバ氏、当紙に今後製品ラインナップを拡充し、ブランドを確立し、インド国内のBtoCマーケットに広く対応していくつもりだと述べました。

9億ルピーの市場価値を持つと言われ、マイソール、ハイデラバード、ノイダ等に開発拠点を持つエクセルソフトは今後数年以内の上場も視野に入れています。

吸収合併、資金調達:

 「また、我々は3、4億ドル規模の類似したビジネスを行っており、既に自社開発製品を持っているような企業を買収する可能性があります。そのような買収はおそらくエクセルソフト社のビジネスを補完してくれると思います。」買収のための資金調達は、国外に対して行っている利益率の良いBtoBビジネスから捻出するとのことです。

インドではエクセルソフトは既に企業向けの学習管理システムを持っています。(InfosysやICICI銀行などのために)そして今小中高の生徒を対象としたオンラインプラットフォームやコンテンツを開発しようとしています。マイソールに拠点を持つこの企業は検定機関など向けの試験実施/評価用のソフトウェアを開発しました。また、ビスベスバラヤ大学やアンナ大学などとエンジニアリングコースの開発においてタイアップしています。

ヨーロッパで最大の教育出版会社の1つと合弁会社を立ち上げました

ヨーロッパで大手の教育出版会社であるインフィニタスラーニングは今日、インドのeラーニングプロバイダー大手であるエクセルソフト テクノロジー社との合弁会社を設立したことを発表しました。

新しく設立された合弁会社は今、先生や生徒がオンライン上でインタラクティブな電子書籍などを利用するデジタル教育がめざましく成長中ですが、国際的な学校教育と高等教育におけるデジタル教育市場を視野に入れています。彼らの計画では、先生同士、生徒同士、または先生と生徒が授業内容についてやりとりが出来るようなオンラインコミュニティプラットフォームも彼らのサービスに含まれる予定だとのことです。

インフィニタスラーニングのCEOフレッド・グレインジャー氏は「私は長年エクセルソフトが素晴らしい会社だなと思ってきました。エクセルソフトはインフィニタスのチームと共に素晴らしいインタラクティブな電子書籍ソリューションを作り上げました。更に(エクセルソフト社のCEOである)サダンバ氏と私はこのソフトウェアがどの教育出版会社にも恩恵をもたらすことを革新しています。先生方は毎日使う紙の教科書の延長上で使うことができますし、時間場所を選ばずに見ることができますから。

この新しく開発されたデジタル技術では、先生は電子書籍に自分のコメントや、アニメーション、ビデオ、テストの問題をオンライン教科書に埋め込むことができ、それを生徒と一緒に授業中使うことができます。このシンプルだがパワフルなアプリケーションでは、生徒は自分のログイン情報でログインし、先生が生徒のために置いた内容をいつでもオンライン上で見ることが出来ます。先生は自分の声を録ってテキストに埋め込むこともできますので、特に言語教育において、効果があります。

グレインジャー氏は続けます。「従来の教科書がデジタル時代になって、当然変化していく訳ですが、教室という枠組みを超えて、どのレベルにいる生徒もサポートしていくことで、教えること学ぶことの基準を押し上げていくパーフェクトな機会であると思います。インターネット環境のない子供もいるので、どの子供も取り残さないとは言えません。 先生は教える教科で他に違った教え方があると分かっていただけると思います。オンラインで見せる内容も自分で編集できますので、生徒達のレベルを考慮して工夫することも可能です。参考となる別の資料を付加したり、内容が古くなったら更新したりしながら、見せている内容を魅力的に保ち、進化させ続けることができます。」

スクールオンライン学習プラットフォームは出版の可能性を広げると見られています。先生は既に存在するインタラクティブな電子書籍に加えて、自分で作成したコンテンツを生徒に見せたり、先生同士でコンテンツについて一緒に作業したりシェアしたりできます。この技術によって教えること学ぶことを好きなようにカスタマイズしたり、幅を広げたりすることができます。

エクセルソフト テクノロジーは教育/トレーニングの技術ソリューションプロバイダー大手です。エクセルソフトは教育出版会社グループのために、納品後すぐに使用できるソリューションを設計、デザイン、開発しました。そのeラーニングソや他のオンラインサービス、コンテンツをオーサリング/管理する技術プラットフォームとツール、コンテンツデザイン開発のサービスなどを含みます。学習と評価管理のためにあるSaras製品群は多くの企業、大学、学校、教育出版会社、政府や公的機関などへ既に導入実績があります。Sarasがあれば、企業は学習し続けることができますし、教育機関ならばその効率を高めることができます。また教育出版会社には新たな収入をもたらします。

エクセルソフト社CEOであるサダンバ氏は以下のようにコメントしています。「インフィニタス ラーニングは世界中で日々先生に使用されているような教科書を3万冊も持っています。ですので、他の人と交流しながらできる指導/学習がいつでもどこでも可能にするような新しいビジネスのビジョンをクリアに見通すことができました。数ヶ月以内に我々はオンラインスクールを開始して、世界中の生徒がログインして好きなだけ勉強できるようにしたいという考えは、オンラインのツールやサービスによって教育が以下に速いスピードで変容して言ってるかを表していると思います。我々のビジネスベンチャーのインフィニタスラーニングと共に、我々はこのフィールドでリーダーでありたいと思っています。」

インフィニタスラーニングは本社をオランダに持ち、その他にイギリス、ドイツ、スウェーデン、ベルギー、オーストリア、ハンガリーに会社があります。この企業は2007年にブリッジポイントキャピタルがウォルターズ・クルワーから買収しました。

エクセルソフトは本社がインドのマイソールにあり、開発拠点をマイソール、ハイデラバード、そしてデリーに持つ会社です。

エクセルソフトはムンバイで開催されるWorld Didacに出展します

2010年9月23~25日にムンバイのボンベイエグジビションセンターで開催される教育/トレーニングに関する大きな国際的な展示会に出展します。(ブース番号287 - 290)

エクセルソフトはハイデラバードで行われるeIndia 2010に出展します。

エクセルソフトはeIndia 2010(8月4~6日開催)においてアソシエイトスポンサーでした。またブースを出展しました。(ブース番号38) 我々はブースにて、ハイエンドコンサルティングやソフトウェア製品、カスタムeラーニングコンテンツ開発、その他eラーニングにおけるプロフェッショナルサービスについての情報を展示しました。戦略的なパートナーシップにご興味をお持ちの企業様もいらっしゃいました。

ドバイで開催されるGITEX 2010にエクセルソフトは出展します

エクセルソフトは、ドバイの国際コンベンション&エグジビションセンターで、10月17~21日に開催された、“GITEX 2010”(www.gitex.com) に出展いたしました(ブース番号F7-14)。展示会では、コンサルティング、eラーニングソフトウェア製品、カスタムeラーニングアプリケーション開発などeラーニングにおける様々なプロフェッショナルサービスを展示しました。戦略的なパートナーとなり得る企業様も多くいらっしゃいました。

ウェブセミナー — eラーニング技術に対するベストプラクティス

エクセルソフトはEDUマガジンと連携して、高等教育のリーダー向けに、eラーニング技術の実装に関するベストプラクティスという内容で、インドにおける初めてのオンラインセミナーを行いました。イベントにはインドの様々な教育機関から参加した40人のリーダーからログインをいただきました。

以下がウェブセミナーへのイントロダクションと録画内容へのリンクになります。

学生の期待は高まっていること、指導力の高い先生方の数が限られていること、高等教育へ進む人が増えていること、ふさわしい知識を教える必要性、などこれらは全て、高等教育を運営していく人々にとっては重要な問題です。これらの問題に答えるのが、指導や評価で助けてくれる技術ソリューションです。

これらの技術を実際に教育機関などに導入して、適応させるに当たって障害となるのは何でしょうか。これらのソリューションがオンキャンパス/オフキャンパス両方で生徒/学生に教育をもたらすにはどのように展開するべきでしょうか。Eラーニングソリューションを実装するためのベストプラクティスとは一体何でしょうか。

ウェブセミナーにアクセスするには以下のリンクをクリックしてください。

http://edu-leaders.com/content/best-practices-implementing-e-learning-technologies

講演者 略歴

GL シェカー教授はマイソールのNIEカレッジで教授、副学長を務めています。彼は南インドの有名なエンジニアリングのカレッジにおいてeラーニングソリューションを導入する際に、中心人物として行動された方です。彼は衛星/ウェブベースの教育の支持者であり、「EDUSAT:インドにおける衛星教育」という本の著者でもあります。この本はインドでこの分野においてユーザーの観点から書かれた初めての本と言えます。彼の教育のための技術の導入に関して彼自身の経験や、考えうる障壁を乗り越えるためのベストプラクティス(取るべき行動)についての彼の考えをセミナーで述べています。

ラムネイン氏はエクセルソフト(2000年設立)において営業部長を務める人物です。エクセルソフトは教育/トレーニングスペースにおける革新的技術のプロバイダーです。

エクセルソフトはムンバイで開催されたチーフ・ラーニング・オフィサーサミット2010に参加しました

エクセルソフト テクノロジーは、eラーニングサービスプロバイダーで、2010年11月にムンバイで開催された、チーフ・ラーニング・オフィサー・サミット・インディア 2010にてシルバースポンサーであった企業です。エクセルソフトはニーズに応じてたくさんの製品ラインナップを取りそろえています。トレーニング管理システム、能力管理システム、パフォーマンス管理システムなどの企業の人材開発に関する様々なeラーニングソリューションを展示しました。またエクセルソフトはコンサルティング、eラーニングソフトウェア製品、カスタムeラーニングアプリケーション開発などeラーニングにおける様々なプロフェッショナルサービスを提供しています。

エクセルソフトはLearning Technologies 2011に参加します

2011年1月26~27日 ロンドンのOlympia 2(ブース 129)にてお待ちしています。

展示会において、「学習とスキル」と同じ場所で展示されている「学習のための技術」が企業教育セクターの中で、一番大きな部分を占めています。この分野が展示会において一番賑わっていることからも、今一番成長著しい分野と言えるでしょう。200以上の出展者がいて、無料セミナーは100以上あります。聴衆は4000人規模の学習や開発のプロフェッショナル達です。人材開発に関係する人は必ず見て回るべきイベントと言えます。

エクセルソフトは企業の人材開発のためのeラーニングソリューションの様々なサービス(トレーニング管理システム、能力管理システム、パフォーマンス管理システム)を展示します。それ以外にも、ハイエンドコンサルティング、eラーニングソフトウェア製品、eラーニングコンテンツ開発などeラーニングに関する他のプロフェッショナルサービスに関しても展示していますので、是非弊社ブースに足をお運びください。

エクセルソフトは「ベストパフォーマー賞」を受賞しました

Star Of Mysore(インドのメディア)  2010年11月5日

eラーニングソリューションプロバイダー大手のエクセルソフトは、カルナータカ州政府とインドソフトウェア技術パーク(STPI)から「ベストパフォーマー賞」を、10月29日バンガロールで行われたITエキスポートアワード(2009-2010)に於いて、いただきました。

エクセルソフトは輸出分野における、パフォーマンスの素晴らしさからこの回で5年連続、この賞に輝きました。営業開発のトップであるアージェイ・クルカーニと財務シニアマネージャーのラジャゴパルは社を代表して、賞を受け取りました。

エクセルソフトはマイソールに本社があり、開発拠点をマイソール、ノイダ、ハイデラバードに持っています。エクセルソフトは教育/トレーニングセクターの革新的な技術ベースのソリューションのプロバイダーです。最新技術を用いたソリューションやデジタルコンテンツの設計、デザイン、開発などを世界中の大手企業に提供しています。エクセルソフトは最近サウジアラビアの公的機関と契約を締結しましたし、イギリスのブリティッシュカウンシルからはiPadやiPhone、Android用のeラーニングアプリケーションの開発の依頼を受けました。

GREPIはインドのエクセルソフトと契約を締結しました

Global Renewable Energy & Power, Inc.(GREPI)はeラーニングの開発カスタマイズ大手のインドのエクセルソフト社と、太陽光発電システムやエネルギー効率や代替エネルギーとしてのバイオ燃料/バイオマスの利用などに関するeラーニングソリューションのためのカスタマイズに関して契約を締結しました。

PRログ (プレスリリース) – 2011年1月10日 サンディエゴ CA

Global Renewable Energy and Power Inc., (GREPI) はアメリカ、カリフォルニアのサンディエゴ市の再生可能エネルギーや持続可能性に関するアクティビティに特化した新興技術サービスを提供する企業です。GREPIは持続可能性、エネルギー効率監査、LEDベースのエネルギー効率の良い電灯製品のデザインやマーケティング、そして太陽光発電システムをベースにしたコンシューマ製品などにおけるパイオニアです。

GREPIはeラーニングソリューションの開発/カスタマイズの大手、インドのエクセルソフト社と太陽光発電システム、エネルギー効率、代替エネルギーとしてのバイオ燃料/バイオマスについてのオンライン講座のためのカスタマイズを発注するため契約を締結しました。講座はインドのカルナータカ州のマイソール市にある、”再生可能エネルギーにおけるエクセレンス”センターで提供されるもので、GREPI インディアはLEED認証を受けている、経験豊富なエンジニアのチームによってサポートされています。そのエンジニア達は、教育、半導体におけるトレーニング、持続可能性、信頼性、バイオ燃料、バイオマスなどに関して教育/トレーニングすることに関して素晴らしい実績とプロフェッショナルとしての経験があります。

GREPIインドの社長、アルン・クマール氏は「太陽光発電や代替エネルギー分野に関して、資格を持ち、きちんと訓練を受けた人材の需要が高まっていることを受けて、GREPIインドが訓練された技術者を輩出することに大きな役割を果たすつもりだ。我々独自のカスタマイズされたカリキュラムはユーザーに使い安く出来ている」と述べました。更にクマール氏は「我々の講座はオンラインでも、手に持った最新デバイス(オフライン)上でも見ることができ効率が良い。我々のトレーニングは新しく仕事に就いた人でもスキルと知識を身につけやすく、プロフェッショナルとしてのキャリアを築くのに、生産的かつ効率的だ。」と述べました。

GREPIインドのCEOであるスリダー博士は言います、「我々はエクセルソフトと仕事ができたことを嬉しく思っています。彼らは大手eラーニングデベロパーであり、多くの有名な顧客を持っています。作ってもらった講座はとてもユーザーフレンドリーでインタラクティブです。我々のオンライン/オフライン受講のハイブリッドモデルはラボでの経験とも組み合わされ、受講者は再生可能エネルギーの様々な側面に興味を持ってくれるでしょう。受講者は最新デバイスとラボ環境で使う機器を使った実践的なトレーニングを、経験豊富なインストラクターのガイダンスのもとに受けます。我々のプラグ&プレイのラボラトリーモデルは生徒に多いに受けると思います。」

エクセルソフトのCEOであり最高経営責任者であるサダンバ氏は「長年の化石燃料の使用による現在の世界的なエネルギー危機や地球への悪影響を考えると、このセクターに於いての講座は今必要とされているもので、多くの人にとって役に立つものだと思います」と考えを述べました。また彼は「GREPIが提供する講座はSaras上でカスタマイズされています。エクセルソフトの強固で最新鋭のeラーニング技術プラットフォームは、学習管理、評価、コラボやコミュニティ機能なども付いており、PCやモバイルデバイス上で使うことが出来ます。我々のeラーニング技術ソリューションは世界中に今や2000人以上のユーザーがいます。我々はGREPIとパートナーを組むことができて非常に幸せに思っていますし、この連携は、21世紀に重要になってくるセクターで、特殊技能を持つマンパワーの能力養成のための技術を使った職業訓練システムを作るという我々の大きな目標に弾みを付けることは間違いありません。私はGREPIと一緒に、再生可能エネルギーセクターの業界に於いて、特殊能力を持った人材を世界的に多く養成することができると確信しています。」

GREPIインドのCTOのロヒット・パトナイク氏は言います「我々のインタラクティブでカスタマイズされた講座はとてもユニークで、生徒に太陽光発電やエネルギー、効率、代替エネルギーのためのバイオ燃料やバイオマスなどの分野においての基礎知識をしっかり身につけてもらえると思います我々の講座はオンラインと、実践トレーニングが組み合わせられています。我々は講座を再生可能エネルギーや代替エネルギーに強い興味を持っている人々にも提供できたらいいなと思っています。我々の実践的なトレーニングのために、最新の計測機器を使用します。それらの機器を使って、地面の特性などを計測したり、セットアップやトラブルシューティングのためにデータを分析したりするのですよ。」

# # #

Global Renewable Energy and Power Inc., (GREPI) はアメリカ、カリフォルニアのサンディエゴ市にある、再生可能エネルギーや持続可能性に関するアクティビティに特化した新興技術サービスを提供する企業です。

プレスリリースを見るにはこちらをクリック

モバイルラーニングカンファレンス&エキスポ

2011年6月21~23日 MLearnCon ブース211にてお待ちしています。

カリフォルニア サンホセ市 www.elearningguild.com/mLearnCon/

Mラーニングカンファレンスのエクセルソフトのブースに来て、エクセルソフトの提供するモバイルラーニングソリューションをご覧になりませんか?
様々なデバイスやプラットフォーム上で使えます。エクセルソフトはMラーニングにおいても、技術力で市場に先んじており、デバイスやOSや様々な配信モデルのためにお客様のニーズに合ったアプリケーションやコンテンツ開発いたします。

東京の教育ITソリューションエキスポに出展します。

2011年7月7~9日東京ビックサイトで行われる第二回教育ITソリューションエキスポに出展いたします。

ブースA20にてお待ちしています。

Bett Middle East 2011に参加いたします。

Bett Middle East 2011 ブースB65にてお待ちしています。

2011年10月25~26日ADNECアブダビに参加します。

2011年10月11~14日に開催されるフランクフルトブックフェアに参加します。

OpenPageの1分間デモはこちら : http://www.excelindia.com/index.php/products/interactive-books/51

アメリカ、ニューヨークのブックエキスポアメリカに出展します。

エクセルソフトはマレーシアで、名誉ある、試験実施/評価の受注を受けました!

Bett Middle East 2011 ブースG50にてお待ちしています。

2011年10月25~26日 ADNECアブダビ

ラーニング テクノロジー エグジビション

ブース78にてお待ちしています。

ブース103.5にてお待ちしています。

我々はSaras試験実施/評価ソリューションや革新的なセキュアポータブル試験用デバイスを展示いたします。私達は「テストにおけるイノベーション」のスポンサー企業です。

 http://www.innovationsintesting.org/sponsors/2012-sponsors.aspx

詳細はこちらのブログをご覧下さい : http://blog.excelindia.com/